任意整理とは

任意整理とは、裁判所を利用しない多重債務者を救済するシステムです。
法律の枠が無いので、まさにガチンコ勝負。
他の救済システムに比べると司法書士・弁護士の力量がモノを言うことになります。

デメリット

  1. ブラックリストに載る(事故情報として信用情報機関に掲載)
  2. ハイリスクである
    任意整理は法律の範疇外になり、前述の通り債務者側と債権者側の弁護士・司法書士によるガチンコ勝負です。
  3. 自分では出来ない
    個人民事再生手続きなどは頑張れば自分でも可能ですが、これは本当に交渉力になります。
    交渉力の源になる経験・法律知識とも個人では相当辛いので、任意整理の場合は司法書士・弁護士に頼むのが力です。

メリット

  1. 裁判所に行く必要が無くなる
    もうぶっちゃけ司法書士・弁護士に頼んだら、やることありません。手間がかなり省けます。
  2. ハイリターンである
    ハイリスクの代わりに、ハイリターンでもあります。
  3. 対象を取捨選択できる
    これは任意再生の最も良い所で、返済しきれない消費者金融だけを選んで行えます。
  4. ギャンブルOK!
    ギャンブルなど浪費が理由になると、自己破産が出来なくなりますが任意整理の場合はOKです。
    これに該当する人はどんどんいきましょう。

結果は?

任意整理の結果、借金の返済は金額ではなく、その人が3年で返せる程度の金額に収まることが多いようです。
ちなみに、今は使い勝手の良い「個人民事再生手続き」により、過払いの返還や請求を行うことで
借金がチャラになることも多いので、そちらを使う人が多くなっているそうです。