借金体験談

借金体験談を投稿する

投稿NO9
投稿者様けん(37歳 男性)
投稿日時2017-11-05 07:17:09
借金金額130万円
借金期間8年0ヶ月
現在の状況過払い金入手済み
私は今から7年ほど前に8年間し続けた借金を完済しました。1番多いときで3社から合わせて130万円程借りていました。
借金を始めたきっかけはパチスロでした。当時は20代前半で小さいが株式会社に勤めていてたので審査は通りやすかったようでクレジットカードのキャッシングと消費者金融のカードローン、銀行系カードローンから借金をしていました。
これといった趣味もなく、一人暮らしの自宅に帰ってもつまらなかったせいか会社の帰りにパチスロに通うようになってしまいました。当然勝てるはずもなくどんどん借金は増えていきました。給料日にその月の返済分を返してすぐに借入可能額全額を借りると言う「天井張り付き」の状態に陥っていました。そんな状態が約5年程続きました。
しかしある日、私に彼女ができました。今の妻になる女性です。私は彼女の事が大好きになり、休日はもちろん平日の会社帰りにも良く会うようになりました。そして次第にパチスロに通う回数も減りました。彼女と同棲し始めパチスロに行くことは全くなくなりました。そして借金を繰り返す事もなくなりました。その後少しずつですが返済し続け完済しました。
完済後、2社に対して過払い金があることが分かり過払い金返還請求をしました。返済が遅れた事がない等の条件が良かったこともあり、自分で返還請求しました。2社合わせて80万円程返還されました。しかし、これ以上の利息を払い続けていたのでもう2度とキャッシングやカードローンは利用しないつもりです。
(1) (0)

投稿NO8
投稿者様バビロンスール(41歳 男性)
投稿日時2017-11-05 06:59:45
借金金額370万円
借金期間9年3ヶ月
現在の状況完済済み(法的対応)
契約社員として加入促進業務へ従事しており、ステップアップにより正社員を目指していました。クレジットカードを2枚保有していて、出張時の経費を一時的に立て替える状態が続いていましたが、いよいよ正社員となるために系列の元請け会社への転職が決定したわけです。転居先も決めて、いよいよという時点で東日本大震災が発生し、6ヶ月後には勤務先が倒産する自体に陥ります。転職先をすぐに探さないといけない状態となりましたが、大地震の後で派遣社員としての仕事しか見つからず、最終的には4社から370万円の借り入れに膨らみました。手取り給与が17万円の状態で返済額が10万円という状態では、銀行カードローンを滞納するようになり、ついに保証会社への代位弁済請求が行われて一括返済を求められました。裁判所から支払督促が送られてきた時点で、自力再建を諦めて弁護士に債務整理相談に向かうと、状況から自己破産により免責決定を受けて再出発を行なうよう勧められたわけです。借入残高は無いものの以前80万円の借り入れを完済済みであった消費者金融に過払い金が発生していることが判明したので、弁護士費用40万円は過払い金請求により全額賄えることが分かったので、すぐに着手してもらいました。弁護士から受任通知が債権者へ発送された段階で、督促電話と手紙が全て止まり自己破産申立て準備を行えました。過払い金請求訴訟提起で4ヶ月、その後で自己破産申し立てと免責決定という流れになったので、最終的に免責決定を受けるまでに10ヶ月要しましたが、今では新たに再出発出来ています。
(1) (0)

投稿NO7
投稿者様SAL(30歳 男性)
投稿日時2017-11-05 06:57:25
借金金額80万円
借金期間3年0ヶ月
現在の状況完済済み(自力)
20代の頃、当時勤めていた会社から突然の解雇を言い渡され、まだ若かったので貯金もなく、また雇用期間が短かったため失業保険の受給資格もなかったので、生活を賄うために借り入れを行いました。
すぐにアルバイトでも働き始めたのですが、新しい仕事を見つけるために就職活動と並行して行っていたためそれだけでは生活費用を賄う事ができず、結局仕事が決まった頃にはかなりの額になってしまっていました。
その後、コツコツと給与から返済していたのですが、利息も高かったためなかなか返済できずにおり、このままではどうしようもないと考え家族に相談したところ、怒られながらもひとまず全額を負担してもらうことができました。
その後は少しずつ親に返済し、今では無事に完済したのですが、よく考えたら解雇された時に生活保護の受給対象になっていたように思いますので、そういった公的制度をもっと利用すれば良かったと後悔しています。
お金に関しては無知は非常に高くついてしまうという事を学んだ出来事でした。
借金をしていた頃のあの利息の高さによる元金の返しづらさによる焦燥感は今でも忘れることができず、今後の人生ではなるべくならもう借金はしたくないと強くおもっています。
(1) (0)

投稿NO6
投稿者様カネオ(30歳 男性)
投稿日時2017-11-05 06:14:14
借金金額20万円
借金期間0年2ヶ月
現在の状況完済済み(自力)
私は23歳まで童貞でした。社会人になってから同僚に風俗に誘われて行ってみたら、コレが大ハマりしてしまい、それからは休日はピンサロや風俗に通うようになりました。童貞だった私からしたら初めて行った風俗があまりにも衝撃的過ぎて、それ以降は風俗大好き人間になってしまい、当時貰っていた給料や大学時代に貯めていた貯金を一気に費やしてしました。貯金が0になった時に、風俗通いを卒業すれば良かったのですが、性欲と言うのは怖い物で、私は消費者金融に借入限度の20万円のお金を借りて私は1カ月でその20万円を使い切ってしまいました。その話を友人に言ったら「おまえ23歳で借金とかやばいぞ。しかも風俗は病気をもらう可能性高いからやめとけ」と言われました。その友人はとても真面目な人で、その時に付き合っていた彼女と結婚するために貯金を貯めている所でした。同年代が結婚の為にこんなにも頑張っているのに、私は風俗で借金。この差に失望して、私は風俗通いを卒業を決めて、家にあったエレキギター・テレビゲーム・漫画・原付バイクなどを売りさばきました。それでもお金は足りなかったので、利子で借金が膨らむ前に親にお金を借りて、借金を返しました。家族には「財布を落としてしまった。すぐに返すから」と言ってお金を借りました。
親から借りたお金は、冬のボーナスで返しました。
(1) (0)

投稿NO5
投稿者様ガリガリオ(25歳 男性)
投稿日時2017-11-05 05:48:21
借金金額120万円
借金期間4年8ヶ月
現在の状況完済済み(法的対応)
私は結婚をするまでの間は自分自身を磨き上げる必要があるとずっと思っていました。そういった努力の末に結婚という未来がまっていると信じていました。なので、社会人になってからは給料のほとんどを自分磨きのために費やしていました。例えば、高級なエステに通ったり、流行のファッションを手に入れたり、小物やインテリアにもかなりこだわり続けていました。そうして自分の給料の事を考えずにお金をどんどん使っていった結果、お金がなくなったため、借金することを考えました。バンクイックからちょっとずつ融資を受ける生活が続きました。借金をしているにもかかわらず私の自分磨きへの探究心は収まることなく、借金をしてはエステに通い、借金をしては洋服を買ったりするなど、まるで金銭感覚がなっていませんでした。そうこうしているうちに借金を滞納することが多くなり、次第に膨らんでいった結果、借金額が120万円になってしまいました。改めて借金の大きさに気がついた私は青ざめてしまいこのままの生活を続けていたら結婚どころではないと思いました。なので、借金の返済を考えるとともに、どうやったら借金を減らすことができるかを考え始めました。ネットで債務整理について調べた結果、任意整理という方法であれば借金額を減らすことができることがわかり、急いでこういった案件を取り扱っている弁護士事務所に行きました。細かい借金の事を弁護士さんに説明すると、どうやら任意整理が可能であるということがわかり、ならばと思い依頼することにしました。その結果、任意整理によってこれまでの借金の総額120万円を65万円まで減らすことに成功しました。なんとか返済が現実的なところまで借金を減らすことができました。債務整理によって借金を減らすことができ、月々の返済も滞ることがなくなりました。そして、今回の一連の出来事をきっかけに自分の考え方が大きく変わりました。今まではとにかく自分に投資をする感覚でとにかく自分磨きにお金を使うことが正しいことだと思っていました。しかし、それがとんでもない結果を招いてしまったので、今後は身の丈に合った生活をすることを心がけています。
(1) (0)

投稿NO2
投稿者様れんと(42歳 男性)
投稿日時2017-11-05 03:49:27
借金金額30万円
借金期間5年0ヶ月
現在の状況完済済み(自力)
若気の至りで気軽に退職した20代の時の話です。退職前に作っていた銀行系カードにキャッシング枠が30万円有りました。
30万円位なら借りても、すぐに返済出来るだろう。スロットで上手く行けば今日借りて明日には返済出来るだとうと気軽に枠一杯の30万円借りました。
そういう時に上手く事が進むはずも無く、借りたお金はギャンブル、飲食、風俗で一週間で無くなりました。
30万円借りる位ですから、貯金などあるはずもなく働こうにもまともに働く為の交通費すらない状況に陥りました。
家にあった漫画本を売りに行き、幸いにも数千円を手にして、それを元に日払いの引っ越しや倉庫内作業を行い徐々に手持ち資金を増やしてから、正社員として勤務を始めました。
返済があるため、正社員として働いても給料を手にするまでが長いため、日曜日は相変わらず日払いのバイトを掛け持ちする生活を一年程度続けて、正社員の給与は生活費に、日払いのバイト代を借金返済にと言うダブルワークでどうにか返済しました。
最初の離職前であれば30万円位であれば、ボーナスの時に一回で返済出来る金額だった為、気軽に考えすぎて居ましたが、転職後の悪い待遇下では正社員でも返済に苦労する程でした。
それ以降はカード作る事はあってもキャッシング枠を0円で作る位用心深くなれたので、悪い経験では無かったのかも知れません。
(2) (0)

投稿NO1
投稿者様匿名(30歳 男性)
投稿日時2017-11-05 01:00:05
借金金額200万円
借金期間3年0ヶ月
現在の状況過払い金入手済み
ギャンブルにはまって、軽い気持ちで30万円ほどサラ金から借りたのが最初です。
それが気づいたら限度額の50万に達してしまい、2社目を借りに行き100万、3社目の150万とどんどん雪だるま式に増えていきました。
結局200万円まで増えて、もうどうしようもない!という時に、最高裁で過払い金が認められるようになり、藁にもすがる気持ちで過払い金請求しました。
これは本当に運が良かったですね。
弁護士に頼んでしまったので、100%取れた訳ではなく、今考えるともったいないことをしてしまったとも思いますが、本当に追い詰められていたので、自分で過払い金返還請求をするのは無理だったでしょう。
私は時期によって偶然制度の入れ替わりで助けられましたが、もし過払い金が無かったらと思うとぞっとします。
みなさん、ギャンブルでの借金は本当にお薦めしません。私もギャンブル依存症でしたが、完済後に病院へ行き、今も定期的に病院に通っています。
借金にも良い借金と悪い借金があると思います。ギャンブルでの借金は悪い借金以外の何物でもありません。
この体験談を見て、誰かがギャンブルでの借金を控えるようになったらと思い投稿しました。
なお、FXもギャンブルです!下手なギャンブルよりも飛ぶ金額が多いので危険です。
どうしてもギャンブルをしたいのであれば、株式投資の現物取引をお勧めします。
(3) (1)

[1]«1011121314